バーズアイビューハンググライダースクール バーズアイビュー ハンググライダースクール  
Home

 
 
 
タンデムフライト バーズアイビューハンググライダースクールでは、最新のハンググライダー講習システム「セーフティートーイングシステム」を採用し、小学生から70歳代の方まで老若男女を問わずどなたでも手軽に安全にハンググライダーを体験することができるようになりました。

また、専属インストラクターと一緒にフライトする「タンデムフライト体験コース」では、簡単なシミュレーションだけでその日のうちに高高度からのフライトも可能です。

バーズアイビューでは、進度や気象条件に応じて、グランドハンドリング(地上講習)も組み込み、体系的に講習を進めてゆきます。


体験フライト・スクールの詳細動画はこちらをご覧ください。
スクール動画集

 
セーフティートーイングによる体験フライト 強風時はロープを使ってトレーニング
セーフティートーイング トーイングによる体験フライト  強風時はロープを使ってトレーニング

タンデムでの講習 仲間と一緒に体験フライト トーイングによる講習風景
タンデムでの講習 仲間と一緒に体験フライト トーイングによる講習風景



ハンググライダーの基礎知識・練習手順を理解し、機体の組み立てと分解・取り扱いの説明を受けます。

スクータートーイング講習の場合は、風向きに応じて向きを変えることができるためより効率良く講習をすることができます。
また、低空での離陸(テイクオフ)と着陸(ランディング)、S字ターン、数十mの高度からのフライトなどそれぞれの技能に応じた講習を行っています。

タンデム講習の場合は、風を見てインストラクターとテイクオフ(離陸)。
空中でインストラクターの操縦指導を受けて、ランディング(着陸)。

気象条件によりますが、条件の良い日は1時間以上滞空することができ、これを一日数回条件の許す限り反復し飛行感覚を身につけてゆきます。

グランド講習の場合は地上でソロフライト用の機材を使用し、機体の持ち方、走り出しから滑空まで、またシミュレ-タ-を使って空中での体重移動方法や着陸体制などインストラクターの指示に従って練習します。

どの方法で講習を行うかは、その日の気象条件や、それぞれの技術や進度に合わせて行います。

(昼食は景色の良い講習場で仲間と一緒に。)



体験フライト・スクールの詳細動画はこちらをご覧ください。
スクール動画集
ハンググライダーの組み立て

講習場でのフライト

フライト後はみんなで昼食

ソロフライトまで

ソロ(単独) フライト(B級取得)までにかかる日数はその方のセンスや 気象条件によって異なりますが、毎週土日練習した場合男性で2~3ヶ月、女性で3~4ヶ月です。

ハンググライダーは自然を相手にしたスポーツですので、悪天候や危険な気象条件の際は講習を中止致します。
そのためできるだけ密に通って頂いた方が確率的に早く卒業(ソロフライト)できる事になります。

フライト講習を中止した場合でも、座学(気象や簡単な航空学などソロフライトに必要な知識の学習) を行い、有意義な時間を過ごしています。


スクール卒業後は

スクール卒業後(=B級取得後)は、C級・パイロット証・クロスカントリーパイロット証を目指す上級コースもあります。

具体的にはB級取得後、数回はインストラクターによる無線誘導でソロフライトの感覚を身に付けてゆきます。
ソロフライトに慣れていきながら、各ソアリング(長時間滞空フライト)技術を取得してゆきます。

念願のパイロット証を取得できれば、初期の目標であった「大空を自由に飛びたい」夢が叶ったも同然。
全国80ヶ所以上あるエリアへ単独で遠征し自由に飛ぶ技術を有します。
(そのエリアごとのローカルルールには従わなくてはいけません。)

バーズアイビューでも北海道から沖縄まで、年に数回のフライトツアーを企画、実施しています。
B級取得後は各エリア独特の風景を空から眺め満喫し、夜はその日の”フライト反省会&地酒での宴会 ”で大いに盛り上がっています。

また競技会を目指す方には、現役トップコンペティターとしても経験豊かな専属インストラクターより直接指導が受けられ、国際レベルの技術を習得することができます。




スクール料金詳細はこちら
   ページトップへ

Copyright (C) 2008 Bird's Eye View. All Rights Reserved.